FC2ブログ

ARTICLE PAGE

やっぱり、小麦は。。。怖い!

ゆるグルテンフリー生活中、

図書館で目に入ってきた本を借りました。

20190916221802f96.jpeg


「小麦は食べるな!」
Dr.ウィリアム・デイビス(著) 白澤卓二(訳)


この本、以前にも借りたことがあるんです。

その時は、確か忙しく、全て読み切れなかった。。。(-.-;)


今回は、借りてきて一気に読んでしまいました。

子どもも興味持ったタイミングで、

それに合ったものを与えると、とても良い伸び率を見せますが、

大人も同じですね。


自分の興味がガチッとハマったときに読むと、

ちゃんと心に響く。 頭に残る。


著者は、アメリカの医者ですが、40年以上、肥満体型。

本人が身をもって体験した内容が書いてあります。


日本でも肥満率って増えている気がしますが、

アメリカはそんなもんじゃない。

旅行で、LAを訪れたことがありますが、

痩せている(というか、普通体型)の人を探す方が大変。

日本にいたら、メディアに出てくるアメリカ人(有名俳優やミュージシャン)しか見ないから、

スタイル抜群!!って思うかもしれないけど、

実際はそんなこと無いです。


それに、驚くべきことは、

みんな食事に気を付けて、運動もたくさんしている、ということ。

なのに、太っている。


著書によると、その原因は「全粒粉小麦」という罠。

「全粒粉」は、健康にいいから、皆さん積極的に食べましょう!

っていうのが、国の政策(後ろに、大企業が付いていることは百も承知)。


著者も長年、それを信じ切って、全粒粉パンをせっせと食べていたと。


でも、全粒粉も普通の精製小麦も、みんな一緒です。

現在の小麦は、遺伝子操作はさせていないにせよ、

品種改良をされまくった、100年前とは別物の小麦です。


虫に食べられない、寒さに強い、暑さに強い、茎が太くて短い、

短周期で実をつける、発酵時間が短くて膨らむ、グルテンが強い、、、

作り手の都合のいいように小麦は変えられてしまったのです。


そうなると、普通に流通している小麦自体、食べない方が賢明。

ますます、小麦はやめようって、思いました(笑)


それと、私は小麦を避けるにあたり、お米に頼っている部分がありますが、

お米も炭水化物なので、食べすぎはダメ。


ちょっと当たり前のこと、忘れていました( ;∀;)

糖質制限を意識していたころより、お米の消費増加中。。。


また、著書では、様々な疾患の原因は、

小麦だというエビデンスが掲載されています。

最近よく聞く、発達障害とかも。

確かに、親も子も現代では、無意識だと毎日かなりの量の小麦を摂取しているはず。

鉄不足というのもありますが、

子どもが心配な場合は、先ず小麦をやめてみるのがいいかも。



我が家の場合は、発達障害でもなく(今のところ)、セリアック病など、

深刻に小麦を避けなきゃいけない状況では無いですが、

今後、給食とか、どうしようと思いました。



遅延型のアレルギー検査をして、

小麦にマーカーが付くようなら、アレルギー対応として、

弁当持参もアリかなとか。

みんなと同じじゃなきゃダメって思う必要は無いけど、

いっつも違うモノばかりも、どうなのかなとか。

でも、変な意地というか、見栄のために、

身体に悪いと思っているモノを食べさせるのも、どうかなとか。

まとまりもなく、結論も出ていない、モヤモヤした心中です。


我が家は、山の中のポツンと一軒家で暮らしている訳では無いです。

人のマネばかり、一緒じゃなきゃ不安、っていうのは困るが、

ゴリゴリに我が道を行くっていう感じも、違うんじゃないかなぁと思っています。


芯を持っている、バランスのある人間。

ほんと、一見普通の人、でいいんですが、それが一番難しい(笑)


結婚相手にも、多くを望まないのに、

何故か相手が見つからないって、

現代には「普通」って言えるバランスの持ち主がとても少ないからじゃないかなと思う。


話が飛躍しましたが、

このタイミングで、この本を読めたことはとても意味があったと思います。


ますます、小麦食べたいって気持ちが無くなりました。



コレ、重要。我慢していないというところが大事。

「我慢」はストレスになるし、いつか爆発する。。。

だから、ダイエットってリバウンドするんだよなぁ、きっと。




この本は、グルテンフリー生活したい、

もしくは、私のように最近始めたって人が読むのに適した内容だと思います。


自分の方向性が大きく間違っていないと、確信できるはずです。


あと、最後の方に、

グルテンフリー1週間献立が提案されています。

アメリカ式のメニューですが、大変参考になります!



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

いつもお読みいただき、どうもありがとうございます。















関連記事