FC2ブログ

ARTICLE PAGE

大事だけど、どうしても使いにくいお皿!

何故、大事かというと、

陶芸体験で、自分で作ったモノだから。

20190909132950560.jpeg

大きさの比較のため、グラスと一緒に。。。


次男くん、妊娠中に最後?の家族3人旅行で作ったモノです。


思い出もあるし、愛着もあるんだけど、

サイズが微妙、重い、ということで、ほぼ出番なし。

この体験以降、薄作りの作家さんの器を見ては、
さすがプロ!!と唸ってしまう(笑)


ずっと、食器棚内のベストポジションに鎮座していましたが、

この度、手放すことにしました。


それは、こんまり先生の言葉を思い出したから。

モノが捨てられない理由は、

「過去に対する執着、未来への不安」。


手作りのお皿、がっつり「過去の執着」でした。

モノ(駄作のお皿)を捨てても、思い出(家族で陶芸したこと)は無くなりません。


そして、もう1つ処分を決めたモノがあります。

来客用の蓋つき湯呑3セット。

これは、「未来への不安」。

いつか、来客があった時に、使うはず。

20190909133031b52.jpeg

ですが、コレ↑を購入して、多分5年位?

使ったのは、1度きり。

義母が我が家へ来た時のみ。


お友達が来ることは多々ありますが、

マグカップを使用。

そもそも、実家も義実家も距離があって、

今後、多分来ることは無いかな?!

私たちが帰省します。


蓋つき湯呑は、食器棚ではなく、

別途、必要な食器としてまとめていましたが、

見直しして、処分を決めました。


この湯呑、当時、近所だった、昔ながらの金物屋さんの閉店セールで購入したのですが、

価値あるお品だったらどうしよう!って、調べてみました。

20190909133151970.jpeg

結果、1セット100円(メルカリ価格)。。。


以前なら、「来客時に無いと困る」と、処分できませんでした。

ですが、今なら処分できた。

時間が経てば、考えも変わります。

こんまり先生の言葉を思い出して、

季節の変わり目の今、また家の中の整理をしてみようかな。




にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

いつもお読みいただき、どうもありがとうございます。











関連記事