FC2ブログ

ARTICLE PAGE

日本のプラゴミ問題、我が家のプラゴミ問題!

昨日、「ビビット」で、プラスチックゴミ問題の特集が放送されていました。

日本は、プラスチック大国。もちろん、ゴミも多い。

でも、費用面の問題や、分別の難しさから、

なかなかリサイクルが進んでいないのが現状、だそうです。


自治体でも、リサイクルを前提として、分別回収をしていますが、

実際はどうなのだろう。。。

自治体によって、差がありますが、

結局、リサイクルできないプラゴミは、外国へ輸出されていたりする。


最近は、テレビなどでよく特集されているから、

知っている人が増えたと思うけど、

ちゃんと分別回収しているのだから、

自治体が正しくリサイクルしている、と思っていたんじゃないかな。


現に、私がそうでした。

それが、ゴミを輸出だなんて!!


自国で処理できないから、輸出する(要は、お金で解決?)なんて、

ちょっと恥ずかしいことなんじゃないかな。。。


今や、どのスーパーの入り口にも、

「卵ケース」や、「発泡トレー」などの回収BOXが設置されていますね。

同種のプラスチックのみを集めることで、

リサイクル率が上がります。

「卵ケース」、「発泡トレー」は、再度同じモノにリサイクルされます。



「ビビット」で取材されていたのは、ボトル TO ボトルのリサイクル。

「発泡トレー」と同様に、

「ペットボトル」をまた「ペットボトル」にする技術が

やっと商業ベースにのれそう、と。

元に戻すリサイクルが、1番効率的。


「プラスチック・フリー生活」にありましたが、

ペットボトルから作った(リサイクルした)Tシャツ。

一見、とってもエコな気がしますが、

洗濯の度に、マイクロ粒子が水へ流出し、最終的には海を汚染します。

マイクロ粒子は、その名の通り、粒子が小さすぎて、回収は不可能、

結果、ずーっと海の中を漂い続けます。

開発者もエコを意識したのに、真逆なことになっていたとは、

思いもよらず、、、なんじゃないかな。


だから、プラスチックは、同じモノにリサイクルするのが肝要。

ペットボトルは、ペットボトルに戻すのが一番!



私は、「発泡トレー」「卵ケース」「ペットボトルのフタ」を

回収BOXへ持っていっています。

20190827203744500.jpeg

見ていると、回収BOXを利用している人って、多いです。

たった、3種類ですが、回収BOXに持っていくようにしてから、

プラゴミがものすごく減りました!!


それまで、1週間に1回の収集で、45Lのゴミ箱がパンパンだったのに、

今や、20Lのゴミ箱でも余裕があります。


難しい問題云々は抜きにして、

日々のゴミが減るって、嬉しくないですか??


私は、長男くんが産まれた直後、

紙オムツのゴミが多すぎるのが嫌で、

布オムツをメインとするようになりました。


ゴミ出しも面倒だし、少ないに越したこと無いです(笑)

話題のゼロ・ウェイスト・ホーム、読んでみたい↓





にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

いつもお読みいただき、どうもありがとうございます。









関連記事