FC2ブログ

ARTICLE PAGE

パリジェンヌ、もとい、、、マダムに憧れる!

今更ですが、

「フランス人は10着しか服を持たない」

を読んでいます。

2019061420404732b.jpeg


図書館で借りて。


アメリカ人の留学生が、

パリのホストファミリーの暮らしぶりを綴ったもので、

日本人の私が読んでも、憧れる部分がたくさんあります。


余計なモノはないけど、

質素過ぎる生活にはならず、正に理想とする暮らしぶりです。


10着って言うのは、比喩的表現ですが、

ファストファッションの服を大量に買い漁るのではなく、

数こそ少ないですが、上質なモノを着ようと言う姿勢には

この歳になると分かる。


でも、私の場合、

子どもが小さいため、まだ実行出来ませんが。。。

今の私にちょうどいいのが、無印良品の服。


本の内容は、洋服のことだけじゃなく、

ヨーロッパならではの伝統を大切にした日々の暮らしが綴られ、

日本とは、真逆な感じがしました。


流行り廃りに振り回されず、

家族が居心地の良いと感じるインテリア、

食べ物も毎日マルシェで買い物、

家族のために、毎日ケーキを当たり前に焼く姿、

「時短」や「効率的」とは無縁な人生。


日本では、雑誌でも、ブログでも、

「時短」って、ものすごくもてはやされていますもんね。


私は、どちらかと言われれば、

パリのマダムの様に、将来なりたいなぁと思いました。


実は、若い頃から、パリジェンヌに憧れてます(笑)

インテリアは、

シャビーな感じや、フレンチっぽいものより、

和モダンや、昭和レトロを好みますが、

暮らしぶりだったり、

女性の生き方だったり、考え方は、

良いなぁと思う点が多々あります。


そんなことを久しぶりに思い出しました。

子どもとの接し方もフランスと日本では大違い。

フランスの場合、子どもであっても、子ども扱いしないで、

1人の人間として尊重する考えには、同感です。


難しいですが、子育てでも良いと思うところは、

パリのマダムを参考にしてみようと思います。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

いつもお読みいただき、どうもありがとうございます。









関連記事