FC2ブログ

ARTICLE PAGE

良い意味で、「期待しすぎない」!

子育ての見直しから、もうすぐ1ヵ月。

ですが、その間、階下への騒音問題もあって、

かなり、紆余曲折しております。。。

34795321-EEE8-4604-983B-9F9D156D74B9.jpeg

当初、比較的スムーズにいきました!!

良い意味で、「期待しすぎない」。

コレが良かったです。

無理にあれこれと、長男くんに言わない。

例えば、次男くんの面倒を見てくれ、遊んであげて、泣いたらあやして、等々。

面倒を見てくれて、優しく一緒に遊んでくれることも多いから、つい頼んでしまっていた。

ですが、長男くんだって、やりたいことがあります。

そうすると、どうしても(当たり前ですが)自分優先。

むしろ、6歳で相手を気遣える方があり得ないと思います(笑)


って、わかっているはずなのに、「期待」してしまった。


その点を私自身が自分の中で消化したら、

実にスムーズに、無駄に怒らず、叱らず、穏やかに過ごせました。


この頃、「育児は、育自」っていう言葉を実感。


そして、階下騒音問題が勃発(笑)

とたんに、「ダメー!」っていう回数が増えました。

実際に、どうかは分かりませんが、我が家の住んでいる建屋は如何せん古い。

なので、歩いても、うるさいかもと、私の方が過剰反応してしまい、連日怒りっぱなしに。。。


イレギュラーな事態で、子育て見直そうと思っていたこと、忘れました(笑)


そして、今、問題解決しているわけではないですが、落ち付きました、私が。

カーペット 、早く届いて欲しい〜!

長男くんも、物音について、理解してくれています。

もちろん、物事に夢中になって、忘れてしまうこともあるけど、

「お約束は?」って言うと、思い出してくれる。



基本に戻って、「期待しすぎない」。

優しく、伝える。

そうすると、イライラと怒ってばかりいるよりも、

毎日が心穏やかだし、子どもも落ち着いてくる気がします。

そして、なんだか規則正しい生活になってくる。

寝る時間、歯磨き、身支度、テレビ、片付け等々、言わないと出来ないって思っていたけれど、

そうでもないのかなぁと思ってみたり。


6歳児って、大人の想像以上に色々なことを考えているなぁと、

子どもの底力を実感しました。


そして、基本優しい男子なのですが、たまーにいじわるなこと言う長男くん。

親の鏡だなぁ、と反省しております。


アラフォーでも、こんなに毎日、思い悩みます(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ
にほんブログ村

いつもお読みいただき、どうもありがとうございます。

















関連記事