FC2ブログ

ARTICLE PAGE

「こだわり」よりも、「いいとこ取り」が私スタイル!

スッキリをたまたま見ていたら、

ネット上の民間療法的な治癒方法が医学的根拠が無いと、

問題になっている、と報道されていました。

少し前にも、西洋医学ではなくハーブなど、昔ながらの方法での治癒を目指すお母さんが

インフルエンザを発症した子どもを死なせたという海外の記事を見ました。

69298F69-4011-4578-9EF8-190D30F827E5.jpeg

私も、どちらかと言えば、すぐに西洋医学!って考えには賛成しかねます。

そして、有名なブログでは無いですが、

民間療法と言うか、薬に頼りすぎない方法をネット上に公開しています。


テレビを見ていて感じたことは、

ブログに書くと言うことは、有名、有名じゃないに関わらず、社会的に責任が付いてくるってこと。



大前提の話になりますが、

ネット上の、特に、ブログの場合、あくまでも個人の見解です。

根拠を調べて、記事にしている方ももちろんいらっしゃいますが、

その調べ方だって、ネットで検索しただけってこともあるだろうし、医学書をがんばって読んでみた、

っていうように、人によってばらつきがあります。


そもそも、医者だって、100%信頼できるかどうか、分からないです。

体に現れた症状から、原因や病名を診断(予測)するのが、医者です。

分かりやすい病気だけではないです、予測は医者によって異なる。

だから、セカンドオピニオンがあります。

医者だって、人間だし、間違えることもある。

だから、医療機関では、二重三重のチェック、医者同士のカンファレンスを行なっている
と思います。


どんな仕事も同じですが、1人でチェックするよりも、複数人でチェックした方がミスする確率はゼロに近くなる。

3102101F-8E59-48F3-A110-5286584F0DBF.jpeg

主婦のブログより、医者の方が信頼性は高いでしょう。

ですが、それを完全に信用するかどうかは、自分次第です。


私が普段、心掛けていることもついでに。。。

子どもが熱を出した時、体調が悪い時、子どもの様子をよく観察する。

熱は変化ないか、機嫌はいいか、食欲あるか、便の状態、顔色、身体の状態などなど、、、

逐一チェックします。

そして、あれ?おかしいぞ?って思ったら、

すぐに、医療機関に電話、もしくは、受診。

いつもの体調不良と違うって感じたら、ネットで調べて、様子見るなんてことは、しない方がいいです。

医者や薬が苦手ですが、必要に応じて、受診しますし、薬も飲ませます。

西洋医学を完全に否定している訳じゃないです。

言い方を変えると、私は「いいとこ取り」したい(笑)

必要だと思ったら、使っていいんです。

そして、受診した結果、納得いかなければ、他の医者へ行く。


闇雲に、病院をはしごするのは、負担にもなるし、

みんながそんなことしたら医療機関がパンクしてしまうけれど、

どうしても心配が拭えないなら、受診した方がいい。



要は、ネット上の情報も、医者の言うことも、

信じるか、どうかは自分次第。

世の中、いろんな情報が溢れています。

江戸時代、1人が生涯で得る情報量は、現代だと、3日に相当するそうです。

そうなってくると、今度は大量の情報を処理する能力(趣旨選択する)、

正しいか、どうか、判断する能力が必要になってきます。





ブログに書いている内容は、個人的見解です。

参考にしていただくのは、一向に構いませんが、最終的な責任はご本人にあります。

そのためにも、色んな情報を調べて、自分で考えて欲しいです。

人から聞いたことって、すぐ忘れるけれど、自分で調べて考えて、頭使ったことは身につきます。

ネットの情報、便利ですが、本を読むこと、大事って思う。


西洋医学と民間療法と同じで、

ネットと書籍、知識の「いいとこ取り」したいと思っています(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ
にほんブログ村

いつもお読みいただき、どうもありがとうございます。














関連記事