FC2ブログ

ARTICLE PAGE

「自転車に乗れるようになる!」

長男くん、今年の目標は、

「(補助輪なしで)自転車に乗れるようになる!」でした。

長男くんのお友達、何故か運動神経が良い子が多いのか、

ほとんどの子が年少さんの時点で乗れるようになっていました。

女の子も、男の子も。。。
長男くんは、補助輪で乗り回していました(笑)


それが、今年になって、やっとやる気になった!!

そしたら、あっさりと乗れるようになった(笑)

1月の時点で、今年の目標、達成!!

6F3D538D-FD16-4157-BC00-8816FA9A443A.jpeg

自転車の練習は、これまでも、ちょこちょこと実施していました。

補助輪を外したのは、多分1年近く前かな?

で、そこから、たまーーーに、練習をしてみるのですが、

すぐダメーってなってしまい、全くモチベーションは上がらない。。。


しまいには、補助輪が付いているお友達の自転車を借りて、乗るように。

親としては、年長さんのうちになんとか、、、と

思ってはいましたが、最終的には、もういいやと放置しておりました。


ちなみに、幼稚園の年長さんクラスで、
夏休み時点、補助輪なしで乗れる子は、半数程度。
クラス懇談の際に、先生が話しておりました。
※超局所的な情報ですが、だいたいこんな割合かなぁ?と参考にしてもらえれば。


それが、突如として、お正月に「乗れるようになりたい!」と。

親が促すでもなく、自分からそう言いました。

じゃあ、と早速練習開始。

私が伝えたアドバイスは、3つ。

・前を見る。

・ハンドルを固定(グラグラさせない)。

・ペダルをカウントに合わせて、前に押し込む。
↑傾いた時に、足を地面に着けるのではなく、ペダルをこぐってことなのですが、
タイミングが難しいので、私が1、2、1、2、、、とカウントしました。


何回か繰り返したら、あれ?行ける?行ける?みたいな感じで乗れてしまいました。


ちなみに、後ろから支えて、ということはしていません。

というより、次男くんがいたので、長男くんの自転車を支えられなかったという方が正しいですが(笑)


1週間ほど、毎日練習をして、

ブレーキ、曲がる、まっすぐに走る、等をマスターし、一般道デビューしました。


すでに、年長であるため、交通ルールはなんとなくわかっている状態。

なので、勢いよく飛び出したりっていう心配は無くて、

自転車に乗れるようになってから、一般道デビューまでがとても早く、スムーズにできました。


年少さんで乗れるようになったお友達たち。

乗れるけれど、交通ルールがイマイチのため、飛び出してヒヤヒヤってことが多いと、

ママ友からも聞きました。

乗れるようになっても一般道デビューまでは、半年以上かかっていた気がします。



自転車に乗れるようになったのは、遅かったですが、

まぁそれなりに、メリットもあったかなぁと。


この年頃では自転車に乗るって、一大イベントだと思いますが、

最も大事なことは、「本人のやる気」!!

多分、これって、習い事や勉強にも当てはまるのかなって。

何事も、言われたからやる、っていうスタンスでは、全く身につかない。



現在、長男くんは逆上がりを練習中です。

が、できるようになりたい〜とは、言うものの、

自転車ほどの熱意が無いようで、、、練習してもすぐ他のことが気になる。

公園で、他の遊具で遊ぶ、パパの話しを聞かない、という状態のようです。

逆上がり、とりあえず、パパが池谷幸雄指導のYoutubeを見て、同じように指導中です。

小学校に入学する前までには、できるようにって思っていましたが、

ネット情報では、小学3年生時点で、逆上がりできる子は約半数、だそうです!!

思っている以上に、遅くてびっくりした。


この↑情報が、どこまでのものか、分かりませんが、

時間的に猶予があるなら、逆上がりも本人のやる気が出るまで、気長に待とうと思います。

もしくは、やる気が出るように、仕向けるか?!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ
にほんブログ村

いつもお読みいただき、どうもありがとうございます。











関連記事