FC2ブログ

ARTICLE PAGE

プロの料理人は、すごい!

実は、最近、もう1人気になっているお方がおります。

分とく山の野﨑洋光さん。

偶然、本屋さんで手に取った本なのですが、

これがなんとも、良かった!

レシピが、、、って訳じゃないんです。

レシピ以前の料理の基本が書かれています。

201912041044342d1.jpeg

右 「美味しい法則」 野﨑洋光
左 「おいしく食べる食材の手帖」 野﨑洋光



「おいしく食べる食材の手帖」は、食材ごとに、

選び方から、調理方法、茹で方、調味料との合わせ方など、

とても分かりやすく、また押し付けることなく書かれています。

「僕は、〇〇が好きです。」と、書かれているのは、

なんだか、親しみが持てます。

豆知識情報も、たくさん掲載されていて、

主婦が改めて、料理の基本を見直すにもいいですが、

料理をしない人が読んでも楽しめる気がする(笑)


「美味しい法則」の方は、

料理法に焦点を当てたエッセーのような本です。

トピックごとに、2~3ページでまとめられているので、

これも読みやすいし、改めて知る料理の基本がたくさんありました。


どちらの本にも、簡単なレシピは、ちょこちょこと掲載されています。

ですが、私が魅力的と思ったのは、

ちゃんと「家庭料理」として、こんなんでいいんじゃない?っていうことが

書かれているところです。

料理屋さんじゃないんだから、毎度毎度、出汁を取る必要もない。

そんなことしたら、くどすぎてしまう。

などなど、毎日の食を支える「家庭料理」ならではの

アドバイスがメインとなっています。


料理人として、マスターしてるが故に、手の抜きどころも分かるのかなぁと。


素人判断で、手抜きすると、抜きどころを誤って、

イマイチという結果に。。。(笑)

私が今まで陥ってきた過ちです。


野菜の茹で方ひとつ、細かく書かれているところは大変参考になります。

茹で方を失敗したら、そのあとレシピを参考にしても、

あれれ、、、ってことになりかねない。

普通に茹でても、失敗じゃないけれど、

正しい温度で料理することで、なんでもない料理が美味しくなる!

料理の腕が上がる気がします。


毎食、ご飯作り前に確認して、、、まではできないですが、

時間があるときは、大事なひと手間を惜しまないように、料理しています。

料理、したくなります。

そんな本です。


料理好きさんも、読んでみると、意外と知らなかったってこと、あるかも。

そう思ったら、プロとしては基本事項ばかりと思うので、

料理人ってすごいなぁと、改めて感心しました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ
にほんブログ村

いつもお読みいただき、どうもありがとうございます。










関連記事